住宅ローンについて質問

◆転職したばかりでも借入できる?

期間としては最低3ヶ月の勤続があれば審査の土俵に乗せることが出来ます!その他の条件としましては、転職先の会社名・規模・雇用形態(契約・正社員)・転職理由・年収見込み・自己資金などの情報をご提供いただき金融機関で個別に審査致します。ですので、単純に「勤続年数が短いからダメだ!」といったことは一切ありません。

ハウスネットをご利用されるお客様の中にも、各自のご事情で極端に勤続が短い状態で住宅を探されるお客様も多数おります。そのような方々を普段からお助けしておりますので、その手の知識は豊富にございます。

◆中古物件のリフォーム代も一緒に借りられる?

もちろん借入が可能です。物件費用は金利の低い住宅ローン、リフォームに係る費用は金利が高いリフォームローンというのが一般的ですが、中にはリフォーム費用も金利の低い住宅ローン部分に盛り込んで借入の計算ができる銀行もあるんですよ。そのような場合、ご年収から計算した借入最大可能金額の範囲内に、物件価格とリフォーム費用の合計を収めて頂ければそれでOK!貸出の際の手続きも1本で済ませられることから、銀行諸経費も軽くなります。

◆注文住宅の場合の住宅ローンの組み方って?

土地なしの状態で注文建築をご検討の場合、先に土地を購入して次に建物を建てるのが当然の順番となりますが、先に買う必要がある土地のみに銀行は融資を行ってくれません。土地と建物のセットに対して融資をします。…と言うことは、欲しい土地を購入するには、まずその土地に建てる建物についても銀行が求めるレベルまで急ピッチで決めなければならないということです。尚、銀行融資のタイミングは土地購入時にその土地の分を、建物完成時に建物の分を、合計2回の融資が一般的です。しかし、建築を依頼する業者やメーカーによっては建物完成前の契約時に!着工時に!建築中に!といった感じで小分けい支払いを求めるところが非常に多く、先に大きなお金が必要になる場合があります。この費用の捻出を助けてくれる融資が”つなぎ融資”と呼ばれるもの。土地購入と建物購入の2度の融資間の出費をまさに”つなぐ”ものとなります。

以上が一般的な流れですが、銀行によっては必要なタイミングでその都度必要な金額を小出しにしてくれるところもあったり、土地・建物のローン返済が始まるタイミングを負担の少ない形でスタートしてくれる銀行もあったりと、各お客様のニーズに合った金融機関がありますので、詳しくは担当させていただくスタッフへご相談下さい。

※ハウスネットは創業当初より住宅展示場に出店している数多くの住宅メーカー様と提携関係にあり、各メーカーの建物ご相談窓口へご紹介客の扱いでスムーズにお通しすることが可能でございます。また、各メーカーの建築における特徴も把握しておりますので、住宅メーカーについて気になることや知りたいことがございましたら、ぜひ、ハウスネットスタッフへ試しに聞いてみて下さい!意外に知識があり、ビックリされると思いますよ♪

◆今の年収から借入限度額がわかるの?

コレ、こっそり知りたいですよね~自分の借入限度額を。この限度額の出し方は不動産の営業マンであれば必ず知っている簡単な計算式で算出ができるのですが、お客様のお勤めや収入の状況、それによる借入可能銀行など経験則による調整を計算式に当てはめることから、単に年収だけで正確な限度額を出すのは難しいと言えます。ですので、借入限度額に幅を持って大体でお伝えしますと、35年ローンが組める44歳までの方であればおおよそご年収の“約6.5倍~約9倍”を限度額の幅としてイメージしていただいて良いかと思われます。

借入可能な最低年収額というものがあり、それも銀行によって異なりますがご年収300万円以上というのが1つの区切りになっているようです。しかしこのような条件はその時の情勢で常に変化しておりますので、不動産購入が具体的になってきた段階で改めてご相談いただければ間違いないでしょう。また、その前に少し角度の高い金額を知りたい!と言うことでしたら、いつでもお電話にてご相談下さい。いただいた情報である程度角度を上げて限度額をお答え致します。