不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

6/1 消費税アップの前に住宅購入をお考えの方へ

2014年4月1日より消費税の増税第一弾が予定されておりますが、駆け込み需要とは別に、丁度この増税の狭間に住宅購入希望時期が重なってしまいそうなお客様も、少なくないのでは? そこで今回はおさらいですが、どのタイミングで不動産を取得すれば消費税5%扱いになるのかを簡単にまとめたいと思います。


★新築住宅(マンション含む)の場合
・物件、諸経費共に増税対象となります。2014年3月31日までに物件の残金支払い及び引き渡しを受けて下さい!

★個人が売主の中古住宅(マンション含む)の場合
・物件自体は非課税ですが、諸経費は増税対象となります。2014年3月31日までに売買の契約を済ませてください!

★リフォーム済みの中古住宅(マンション含む)の場合
・物件、諸経費共に増税対象となります。2014年3月31日までに物件の残金支払い及び引き渡しを受けて下さい!

★土地にこれから建物を建てる注文住宅の場合
・物件、諸経費共に増税対象となります。2013年9月30日までに建物の請負契約を済ませておくか、もしくは2014年3月31日までに物件の残金支払い及び引き渡しを受けて下さい!


以上のようなタイミングが各不動産の形態ごとにあります。
特に新築・リフォーム済み等の不動産は物件自体が課税対象となることから、
影響が大変大きくなるんです。是非こちらをご参考になさってください!

2013/06/01

ページトップへ戻る