不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

12/13 少し忘れてませんでしたか?2017年に・・・

少し忘れてませんでしたか?2017年に10%引き上げ予定だった消費税のことを。

一旦は2019年10月~ということで延期されましたが、本来はいろいろとざわつく年末になっていたはずです。

私たちが携わっております不動産においては、高額な商品ということでその影響は大きくなり、一般家庭に甚大なマイナスをもたらしますので、消費税率の変更されるタイミングは自身の思われる”買い時”と重ねて考えて頂いた方が賢明です。

ちなみに過去数回ありました消費税率アップ時の住宅市場変化ですが、経験の浅かった時期はアップ直前で駆け込み購入者が殺到して急激な物件減少と相場の急騰がありましたが、何度か経験を積んだ現在の市場では、かなり早い段階から緩やかに動き始める傾向があるようです。

既に東京都の郊外などでは昨年よりも取引相場が平均で500万円近く、都心部では1000万円前後の上昇も見られ、長くお探しの方などは希望沿線を変えてお探しして行かなければならない状況があるようです。

その余波を受けてか、都内に直通しているような通勤路線ではお探し駅を都内から隣接他県へ延長しているようで、他県の不動産取引相場もジリジリと上昇をしてきており、実感をしております。

この上昇の果てに消費税10%が控えており、難しい時期てあることは間違いなさそうですが、お探し始めからご購入時期までのご判断はお客様にお任せしております。ただ、いくら細かい分析をしても高額商品という背景から”先手必勝”よりも”後手必勝”の判断を下す方が”なんとなく自分が楽”という強いど返し心理が働くのも不動産。

高額商品が故の自身で起こす心理誘導が、現実の状況下においてはたして最良であるか否か?この辺りも住宅購入計画の計算に入れておく必要がありそうです。

2016/12/13

ページトップへ戻る