不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

12/1 2016年も残すところ31日になってしまい・・・

2016年も残すところ31日になってしまいました。
この年も良いこと悪いこと、さまざまなことがあった激動の1年だったのではないでしょうか。

住宅ローンの金利も各銀行から発表されましたが、特に大きな上昇は見られませんでした。
金利が上昇する場合、固定型の新規借り入れ・換え金利が上昇しますので、世界的にも上昇に転じる風潮が見え隠れする今、そしてまだ現実に上昇していない今が、新規借り入れの際や借り換えなどで固定型を選択する最後のチャンスかも知れません。(先行きも不透明さを増してきておりますし)

さらに都内を発信源に巻き起こっております物件相場の上昇は周辺の県にも影響を与えており、この先もしばらく続くという見方もあるようです。
「不動産購入で家賃をローンに変えて月々を抑えたい!」
「家族が増える予定があるので、部屋数を増やすタイミングで買いたい!」などなど、お家を持たれたいという方々は、少々お急ぎ頂いた方が良さそうです。

2016/12/01

ページトップへ戻る