不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

12/6 住宅ローンを借りる際の銀行、迷います・・・

住宅ローンを借りる際の銀行、迷いますよね。
一昔前は、大手都市銀行か地方銀行、地元の信用金庫など決して多くはない選択肢だったものが、今ではインターネット上で取引を行って店舗を有しないことで金利面で圧倒的に有利な銀行や、有人店舗も商業施設に併設しながら、金利優遇もネット銀行並みのところもあったり、お勤め先によっては社内に融資制度があったり。
また、各銀行のメリットの出し方も多様でして、金利優遇の差、融資の事務手数料の差、保証料の差、キャンペーンの差、そもそもの利便性の差など。
更には、お客様の取り込み条件の差もございます。これは銀行とお客様との相性でして、お仕事の勤務形態や勤続年数、自己資金の有無など、取り込みの幅を持った銀行もあれば狭き門の銀行もあるなどなど。

このように、金融機関もお客様の取り込み競争が激しくなっているので、各行の努力で特色を多様に持たせていることが、銀行選びを余計に難しくしている面もございます。

よくよく調べてみますと、金利は安いけど他の手数料が高かったり、将来売却をしてローン契約が予定より早く終わったことによる手数料の返金が有る銀行や無い銀行。繰り上げ返済をした際に期間の圧縮は出来ても、月々支払いの圧縮は出来ない銀行もありますので、ご自身の返済計画をしっかり立てて、それからマッチする銀行を選ぶ方法が、最良に近い銀行選びの鉄則と思われます。

まず金利の優遇に目が行きがちですが、あくまでメリットの1つとしてお考えいただき、その他の条件にも目を向けて選択をする。
そのような広い視野での住宅ローンの選別を心掛けたスタッフがハウスネットにはおりますので、どうぞご安心してご相談を下さいませ。

2015/12/06

ページトップへ戻る