買い替え豆知識 - 仲介手数料無料の不動産売買は横浜ハウスネットへお任せ!
不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

買い替え豆知識

買い替えの方法

物件査定 買い替え(住み替え)は一般的に難しいと思われがちですが、無理な資金計画や要望が無ければ、実は思っているよりもそれほど難しいことはなく心配もいりません!
 各ご家庭の資金計画である程度は可能な買い替え手順が定まってきますので、下記にあります「買い替え手順表」から、どの手順に当てはまるかをまずは確認してみてください。ご不安な点などは都度営業担当者に質問して頂ければ、すぐにお答え致します。

良い買い替えのコツ!

良い買い替えのコツ!  不動産の売却は、周辺相場が密接に関係してきます。そのエリア内の相場よりも高額で販売をすれば、売却期間はおのずと伸びます。反対に、相場付近か若干でも安い方向の設定であれば、すぐに反響と現地見学とお申込みが入り、早い売却が可能となります。
 買い替え(住み替え)の最大の目的は、新しい住居に移り住むことかと思います。その準備段階とも言える不動産の売却では、ご自身のお気持ちの中で過度に損得感を出し過ぎないように自己管理しながら“あっさりと売却を進める勇気”というのも、円滑に買い替えを進めていく上で重要な要素なのかも知れません。

避けられないデメリット

物件査定 各買い替え手順によって、それぞれメリット・デメリットがありますが、資金計画によっては避けられないデメリットがあることをご認識下さい。
 まず買い替え手順表から、売却と購入を同時進行させなければいけない方の場合は、売却も購入も共に“ゆっくり”とはいきませんので、時間的な制約を受けながらの進行となることは避けられません。それを回避する方法が1つございます!売却を先に済ませて一時的に賃貸住宅にお引越しをすれば、購入物件をゆっくり見て行くことが可能となります。
 買い替え手順表から、購入を先行することができる方の場合、売却不動産の残債が残っていると、購入物件のローンと売却物件のローンが売却期間中は2重の支払いになってしまうので、一時期の返済が厳しくなるというデメリットがございます。

買い替え手順表

ページトップへ戻る