1/30 消費税10%への移行に向けて、さまざま・・・ | 仲介手数料最大無料で東京 神奈川 横浜市の不動産を探すならハウスネット
不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

1/30 消費税10%への移行に向けて、さまざま・・・

消費税10%への移行に向けて、さまざまな住宅需要を下支えする政策が今後決定して行くと思われますが、まず1つに「軽減税率」。指定された商品は一定期間税率を下方調整するもの。住宅がその対象となる話は決まってはおりませんが、世界に目を向けますと多くの国々が住宅を軽減税率の対象にしております。日本もぜひそうなることを願います!

あとは過去に前例もあるもので、「住宅エコポイント」です。
一定基準を満たした住宅購入者へさまざまな商品と交換できるポイントを付与するもの。以前のエコポイントでは30万ポイントというすごい数字でしたので、ぜひ期待したいですね。

そして住宅ローン利用者の味方、住宅金融支援機構の「フラット35S金利引き下げ」ですね。
現在の金利水準でも低すぎると思われるフラット35Sの金利を、さらに期間限定で引き下げるというもの。設定した借入期間は金利変動がないフラットは、長期間の生活設計を組み立てる上でとても助かる仕組み。2%前後でも低いと思われていたつい先日。いつの間にか1%半ばを割ってきておりますのでさらに下がるとなると、これは異常に近い金利に突入しますので、営業トークではない親切トークで”今お家を買わなきゃ損!”と自信を持って言えるでしょう。

今後も不動産から目が離せませんね!

2015/01/30

ページトップへ戻る