4/19 不動産の市況集計データによると、中古・・・ | 仲介手数料最大無料で東京 神奈川 横浜市の不動産を探すならハウスネット
不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

4/19 不動産の市況集計データによると、中古・・・

不動産の市況集計データによると、中古住宅(マンション・戸建)の成約件数は2年連続で過去最高を更新する勢いで伸びているようです。理由としては、日本経済の円安・株高の動きが鮮明になり、東京オリンピックの開催が決定したことなどから、特定エリアの住宅価格先高感が生じたためと思われます。
そのような市況の動きに合わせ、マーケットを円滑にするインフラ整備にも目と力が向けられております。特に、現在では中古住宅の評価がシビアなものになっており、一般的に築25年程度で建物の評価はゼロとなりますが、例えば途中で適切なリフォームを行うことで耐用年数が伸び評価額が上昇するなど、この辺りの考え方を改める動きがあるようです。
それに平行して、金融機関でも融資金額の算定に影響する物件評価基準を見直すことで、中古住宅需要増の動きに対応できるような金融商品を模索中のようです。”本当は築年の経ったお手ごろ価格の中古物件が欲しいけど銀行の融資が付かず、予算オーバーだけど融資額が伸びる新築の物件を無理して買った!”なんてことは少なくなりそうです。

多くのお客様ニーズに合った不動産を、よりお求めやすくなる時代がすぐそこまで来ているようです。

2014/04/19

ページトップへ戻る