住宅ローン豆知識 - 仲介手数料無料 東京/神奈川 横浜の不動産仲介はハウスネットにお任せ
不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

住宅ローンの豆知識

転職したばかりでも借入できますか?

お任せ下さい。期間としては最低3ヶ月の勤続があれば審査の土俵に乗せることが出来ます!
その他の条件としましては、転職先の会社名・規模・雇用形態(契約・正社員)・転職理由・年収見込み・自己資金などの情報をご提供いただき金融機関で個別に審査致します。ですので、単純に「勤続年数が短いからダメだ!」といったことは一切ありません。
ハウスネットをご利用されるお客様の中にも、各自のご事情で極端に勤続が短い状態で住宅を探されるお客様も多数おります。そのような方々を普段からお助けしておりますので、その手の知識は豊富にございます。

中古物件のリフォーム費用も同時に借りれますか?

もちろん借入が可能です。物件費用は金利の低い住宅ローン、リフォームに係る費用は金利が高いリフォームローンというのが一般的ですが、中にはリフォーム費用も金利の低い住宅ローン部分に盛り込んで借入の計算ができる銀行もあるんですよ。そのような場合、ご年収から計算した借入最大可能金額の範囲内に、物件価格とリフォーム費用の合計を収めて頂ければそれでOK!貸出の際の手続きも1本で済ませられることから、銀行諸経費も軽くなります。

注文建築の場合、土地と建物のローンはどのように組むのですか?

土地なしの状態で注文建築をご検討の場合、先に土地を購入して次に建物を建てるのが当然の順番となりますが、先に買う必要がある土地のみに銀行は融資を行ってくれません。土地と建物のセットに対して融資をします。…と言うことは、欲しい土地を購入するには、まずその土地に建てる建物についても銀行が求めるレベルまで急ピッチで決めなければならないということです。
尚、銀行融資のタイミングは土地購入時にその土地の分を、建物完成時に建物の分を、合計2回の融資が一般的です。しかし、建築を依頼する業者やメーカーによっては建物完成前の契約時に!着工時に!建築中に!といった感じで小分けい支払いを求めるところが非常に多く、先に大きなお金が必要になる場合があります。この費用の捻出を助けてくれる融資が”つなぎ融資”と呼ばれるもの。土地購入と建物購入の2度の融資間の出費をまさに”つなぐ”ものとなります。
以上が一般的な流れですが、銀行によっては必要なタイミングでその都度必要な金額を小出しにしてくれるところもあったり、土地・建物のローン返済が始まるタイミングを負担の少ない形でスタートしてくれる銀行もあったりと、各お客様のニーズに合った金融機関がありますので、詳しくは担当させていただくスタッフへご相談下さい。

※ハウスネットは創業当初より住宅展示場に出店している数多くの住宅メーカー様と提携関係にあり、各メーカーの建物ご相談窓口へご紹介客の扱いでスムーズにお通しすることが可能でございます。また、各メーカーの建築における特徴も把握しておりますので、住宅メーカーについて気になることや知りたいことがございましたら、ぜひ、ハウスネットスタッフへ試しに聞いてみて下さい!意外に知識があり、ビックリされると思いますよ♪

年収から借入限度額を知る方法は?

こっそり知りたいですよね~、自分の借入限度額。この限度額の出し方は不動産の営業マンであれば必ず知っている簡単な計算式で算出ができるのですが、お客様のお勤めや収入の状況、それによる借入可能銀行など経験則による調整を計算式に当てはめることから、単に年収だけで正確な限度額を出すのは難しいと言えます。ですので、借入限度額に幅を持って大体でお伝えしますと、35年ローンが組める44歳までの方であれば、おおよそご年収の“約6.5倍~約9倍”を限度額の幅としてイメージしていただいて良いかと思われます。
借入可能な最低年収額というものがあり、それも銀行によって異なりますが、ご年収が300万円以上というのが1つの区切りになっているようです。
しかしこのような条件は時々で常に変化しております。
不動産購入が具体的になってきた段階で改めてご相談いただければ、間違いないでしょう。また、その前に少し角度の高い金額を知りたい!と言うことでしたら、いつでもお電話にてご相談下さい。いただいた情報である程度角度を上げて限度額をお答え致します。
※相談窓口ダイヤル 0120-411-306 まで!

車や趣味等での借入が現在ありますが、そのままでも住宅ローンは組めます?

銀行とお客様の相性にもよりますが、可能です。
考え方の目安となる簡単な計算式は次のようになります。
まずご年収額の35%を12ヵ月で割ります。その数字が銀行が安全と考える各種ローンに使える月々の上限額となります。例えばこの計算で出た数字が月々15万円で、その分の融資が受けられるご年収があるとします。既にオートローンやキャッシングのローンが月々約5万円あった場合、それを抱えたままで審査に進みますとその分の支払いがマイナスされ、月々約10万円相当の住宅ローン融資が上限となるように貸出額が抑えられます。つまり住宅ローンは組めますが、融資額が大きく減額されます。
ちなみに月々約5万円分の減額とはどれ位の減額かというと、35年ローンで換算して約1,500万円強の減額になりますので、住宅を購入する際は、その他の借入は無い方がよいです。
ただし、現在進行形の借入がある場合でもご自身の判断で完済せず、ハウスネットスタッフへ申し出ていただければと思います。各銀行によって完済の有無やタイミングが異なりますので、その都度お客様に最適なご案内をさせて頂きます。

親子で協力して1つの家を買えますか?

可能です。大きく分けて2つありますが、「親子ペアローン」と「親子リレーローン」がございます。
親子ペアローンは、親子の収入を合算することが可能ですので、お一人の場合よりもたくさん融資を受けることが可能です。
親子リレーローンは、親子2世代でローンを返済して行きますので、1つの住宅ローンとしては非常に長期間の返済計画を立てることが可能です。

頭金が全然ないのですが、家は買えますか?

現金が全然ないとなると、ちょっと難しいのですが、最低50万円程あればなんとかなるかも!です。
別の項目でもご説明した内容ですが、ここで言う50万円とは、購入の際のご契約時に売主へ一時的に預ける“手付金”になります。これがあれば基本的には住宅は購入できます。
家を買う際は銀行の住宅ローンを利用するのが一般的で、住宅本体価格と購入諸経費を共に借入することもでき、手付金は住宅本体価格の一部を先に出す形となるため、本体価格満額を借入すれば、最終支払いのときに手付金相当額は手元に残ります。ということで、実質自己資金は0円となります。
尚、頭金(自己資金)がまったく無い場合のデメリットですが、売主側から手付金を“物件価格の最低10%”と言われる物件もありますのでそのような物件の場合、50万円前後では足らずに契約を拒まれます。もしくは手付金の減額交渉をしなければならなくなりますので、価格交渉等を合わせてお願いする場合は価格交渉でやや不利になります。また、銀行でのローン審査では諸経費を借入する方には審査が厳しくなります。優遇金利が悪くなったり、融資限度額を減額される例も多いので、いくらかは住宅購入費用として貯蓄してからオウチ探しをした方が、得策であることに間違い無さそうです。

海外勤務中ですが、日本でローンを組めますか?

郵送でのやり取りで問題なく進めることが可能です!
ただ、物件の選定と銀行ローン関連で数日は日本に戻っていただく必要があります。それ以外は代理ですべて進められますので、都度の帰国は任意となります。
ここで1つポイントですが、銀行が融資をする大前提に”融資実行後に必ず本人もしくはご家族がお住まいになる!”という考え方があります。その証明に移動後の住民票等の提出を求められるのですが、これは住宅ローンを投資用に悪用されないためです。その為しばらく帰国せずに空家で、という訳にはいかないので注意ください。

近いうちに転職を考えてますがローンは大丈夫?

転職をすることが確定しているのであれば、その事実を知った銀行は当然ですが融資をしてはくれません。しかし、未確定であれば公言しないことで融資を受けることは可能かと思われます。
しかし、仮に融資を受けた直後に転職して、転職先の職場で予定通りにお仕事が上手くいかず、住宅ローンの返済が厳しくなってしまった場合、1番苦しいのは借入したご本人かと思われます。転職のタイミングは自由ですがご自身で慎重に判断していただくことが大切かと思われます。

ページトップへ戻る