不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

住宅ローンを滞納したとき

住宅ローンを滞納したとき住宅ローンの返済は毎月のこと。
住宅を購入した後に人生設計が狂ってしまうと、この毎月の支払いが非常に困難になり、容易に滞納しがちになります。
このまま数か月滞納を続けると、まず借入先の金融機関から督促や催促の連絡が届きます。
その間に返済の目処が立たず滞納がさらに続いてしまうと、今度は金融機関の保証会社から「期限の利益喪失」を知らせる通知が届き、借入残額の一括完済を求められます。
月々の支払いが出来ない状態で一括完済など到底できませんので、そのまま放っておくと最後は裁判所から「競売開始決定」の通知が届きます。
ここから数か月で自動的に競売手続きが進められ、ご自宅は第3者によって格安で落札され、我が家からの退去を余儀なくされます。つまり住まいを失い、多額のローンだけが残ることになります。

この状況を回避・軽減するためにある売却の方法を「任意売却」と呼びます。
任意売却のメリットは、裁判所による競売で強制的に安く売られてしまう前に、担保不動産を市場相場に近い価格で第3者に売却することで、後に残る借金を最小限に抑えられる、もしくはお手元に売却益を残すことが可能になります。
しかし、この任意売却はいつでもいつまでもできるものではなく、裁判所による競売の入札開始後の開札が完了してしまうと、それまでの苦労は水の泡となります。
ですので、相談しにくい内容・状況かと思いますが、とにかく早めに弊社へご相談いただくことが、回避・軽減の第1歩になりますので、まずは現状を弊社スタッフまでお伝え下さい。

早めのご相談を必ずお力にならせていただきます。
尚、お客様の滞納状況・理由、ご相談のタイミングによっては、必ずしも第3者へ売却をしなくても居住を続けられる方法もございますので、何れにせよ早めのご相談をお勧め致します。

ページトップへ戻る