不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

たったこれだけで内覧数アップ!

販売図面例

販売図面例

販売図面例

販売図面例

販売図面例

綺麗な販売図面

不動産の売却をどこの仲介会社へ依頼しようか悩まれている方、既に決めている方、現在売却中の方などなど不動産売却を検討中の皆様へお知らせしたいことがございます。

不動産を有利に売却する上で、広告は非常に重要ということは言うまでもない話。その広告方法については、売却側ページ中の『昔は一般媒介。今は専任媒介。』でご説明をさせて頂きましたが、近年の不動産売却の形は仲介会社1社が販売窓口となり、プロ専用サイト”レインズ”に売却情報を登録(強制)することで他の不動産会社に対して圧倒的なスピード、かつ広範囲に広告及び販売協力をお願いすることが出来るようになっております。その広範囲に拡散する情報の基となるもの、それが販売委任を受けた仲介が各自作成をする“販売図面”になりますが、この販売図面が実はくせ者でして、販売委任を受けた仲介が作成したものがイマイチな資料だった場合にどうなるかをご説明致します。

イマイチな販売図面はプロ用検索サイト“レインズ”にそのまま登録掲載され、仲介大手・小手の分け隔てなくすべての仲介営業マンがその情報を手に取ります。その後、我先に!と各自担当しているお客様へ電話やメール、FAX等で売却情報のご紹介及び内覧のお誘いをしますが、お客様が候補にする物件は数多く、魅力的に見えない販売図面の物件はその場で内覧希望の対象外となってしまうことがとても多いのです。

販売図面は売主と買主をつなぐファーストコンタクトであり、物件現地へ足を運びたくなるか?ならないか?の大きな分岐点となり得ることから、非常に重要な広告ツールの1つです。

聞けば当たり前のこの流れ。しかしほとんどの業者が、特に多数の物件を抱える大手仲介業者などではこの点が手薄になりがちなようで、販売物件1つ1つに手間暇を掛けることが難しいようです。

ハウスネットではここを他社との違い!特色を出せる部分!ということで予てより力を入れてまいりました。その経験からはっきり言えますことは、「イマイチな販売図面が原因で売れない物件が世の中には溢れるほどあり、そのような物件に手間暇を掛けてあげれば、必ず売れる物件に変えることができる!」ということです。

購入側の仲介の際、他業者の物件をお客様へご紹介する業務から日々感じることが出来るこの問題点を逆手に取り、ハウスネットのお客様が有利に不動産を売却できるように、頑張らせて頂きたいと思います。

ページトップへ戻る