仲介手数料最大無料の決め方 - 仲介手数料最大無料で東京 神奈川 横浜市の不動産を探すならハウスネット
不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

仲介手数料最大無料の決め方

ハウスネットがお客様から頂戴します仲介手数料は、正規手数料(物件価格の3%+6万円税別)の半額と完全無料の2パターンご用意しており、どちらが該当するかは対象物件の状況によって判断しております。
まずお客様から仲介手数料のお見積もり依頼をメールやお電話でお受けし、そこで頂きました物件情報をもとに売主側の販売形態及び私たち仲介業者へ仲介手数料支払いの有無を調査します。その結果、私たち仲介業者へ仲介手数料の支払いがある物件であればお客様の仲介手数料を「無料に!」、支払いがない物件であれば「半額に!」といった具合で、下記記載の図に照らし合わせながら判断を致しております。
※業者間での取扱い状況や低価格帯などを理由に、通常割引の対応が難しい場合もございます。


仲介手数料が無料となる場合

無料となる場合

調査の結果、上の図のように売主側から正規仲介手数料をハウスネットがもらえる契約形態であれば、買主側(お客様)の仲介手数料は「無料」となります!


仲介手数料が半額となる場合

半額となる場合

調査の結果、上の図のように売主側から正規仲介手数料をハウスネットがもらえない契約形態であれば、買主側(お客様)の仲介手数料は正規手数料の「半額」となります!


ハウスネット以外の仲介業者の場合

普通の仲介業者の場合

上の図のように売主側と買主側の両方から正規仲介手数料(上限額)をもらえる場合、そのまま両方から仲介手数料をもらいます。特に大手仲介業者では【両手にするため】の営業手法にこだわる傾向があるようですが、人件費や広告費などの回収事情から考えると致し方ないのかも知れません。


※ハウスネットは総合的に経費を圧縮して、お客様への還元(仲介手数料割引)を実現しております。
※まずはお電話でご相談ください。フリーダイヤル 0120-411-306 まで!

ページトップへ戻る