買うときの注意点 - 仲介手数料無料で東京 神奈川 横浜の不動産仲介ならハウスネットにお任せ!
不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

買うときの注意点

住宅ローン事前審査

購入希望の不動産が現れたら売主にお申込みをしますが、この段階で売主から必ずと言っていいほど聞かれることがあります。それは、『ローンの事前審査は通しましたか?』という一言です。
えっ、事前審査って何?と思った方は要注意。ここからしっかり聞いて下さいね!
事前審査とは住宅ローンの借入が可能か否かを簡易的に調べる作業のことですが、この審査を通過した買主の申込みでないと、最近ではご契約(物件確保)をさせてくれなくなってきております。
理由は単純です。
“結果的にローンが組めないお客様とご契約しても・・・”という売主と売主側の仲介業者の気持ちからです。逆の立場に立てば少し理解できることかも知れませんね。
ですので、購入希望の不動産がもし現れたらお申し込みと同時、もしくはちょっと早めに事前審査を済ませておき、売主に対して『住宅ローン事前審査は既に通過してま~す!』という状況を早い段階でアピールします。特に希望物件がライバルとバッティングした時などは有効で、対象物件で既に事前審査を通していることが決定打となって契約優先権を得ることが出来たり、ハウスネット名物の大胆な価格交渉では説得力が増して大きな交渉成果をもたらしたりなど、間違いなくマイホーム購入計画を成功させるための大きな要になる部分と言えます(買おうと思ったらいつでも買えるんだぞ!という強いメッセージ)。

手付金

ご契約(物件確保)の際は、物件価格の一部となる“手付金”を売主側に預けます。
手付金て何?いくら?と思った方はご注意ください!手付金が捻出できないと、ご契約(物件確保)へは進めません。よく巷に「頭金0円で購入可能!」なんて広告がありますが、この手付金とは別の部分のことで、手付金は契約の特性上必要な金銭になるんです!その手付金の額にも相場があり、最低でも50万円程度~物件価格の10%以内というようになっております。
では手付金の使われ方についてご説明致します。
ご契約(物件確保)以降、万が一“自己都合で撤回したい・・・”と思った際の契約書上のお約束で、「売主に預けた手付金額を放棄することで一方的な解約を承諾」としております。この内容は買主側だけでなく売主側も同様に縛られますので、売主が解約をする場合は手付金を買主に返還して、さらに同額を提供することで一方的な契約の解除が可能です。
つまり、ご契約(物件確保)の時点で互いの気持ちの度合いを計り、一方的で安易な手付金放棄の解約を互いに防いでおり、その為に極端に低い(10万円など)手付金額は避けるように設定されております。
それにしても“売主からの解約申し入れ”なんてあるの?と思われるかも知れませんが、稀にございます。『やっぱり住んでいたい・・・親族の反対意見が急に・・・』など理由はさまざま。

このようにご契約(物件確保)前に互いの気持ちを引き締める意味として、手付金は住宅購入の手続きに欠かせない事項となっております。
最後に誤解がないように捕捉しますが、手付金は物件価格の一部となりますので、余計に多く支払う金銭ではありません。また、物件価格の一部ということは住宅ローンで物件価格の100%融資を受ければ、契約時に一時的に手元から現金がなくなりますが、お引き渡しの際の支払いは手付金を除いた残金支払いとなる為、100%融資を受けて支払った残りとして通帳に手付金相当額が残り、実質戻ってくる仕組みになっております。
”頭金0円!”のカラクリはこのようになっております。

自己資金

ご存知でしたか?不動産を購入する際には、物件価格以外に諸経費が掛ります。
購入物件や借入銀行などによって上下しますが、だいたい100万円前後~150万円前後位は想定していただきます。
手付金やら諸経費やらそんな自己資金無いよぉ・・・と思った方には耳寄り情報です!この諸経費ですが、銀行で借入が可能です!手付金に関しても一時的に現金は必要ですが、あくまで物件価格の一部先出しなので、物件価格全額を借入すれば、後の残代金支払いの時に先出しした手付金額が手元に残ります。
つまり、これがよく言われている“頭金0円でも購入可能”の仕組みです。と言うことで自己資金は無くても大丈夫なんです!
しかしご注意していただきたいところもございます。それは、物件価格の全額+諸経費(一部でも)を借入希望の方に対しては、銀行はとても冷たい!ということです。
お金を貸す側の銀行としては、自己資金額でお客様の信用を計っている部分もあるようですので、物件価格の全額+諸経費も借入という案件の場合ですと金利優遇や借入期間等で、自己資金が潤沢な方よりも冷遇されることがほとんどです。
その為、もし諸経費が処理できる位の自己資金をお持ちでしたら、なるべく銀行借入をしないでご自身で諸費用を捻出した方が、長期的な金利面等で圧倒的に有利となりますので、ぜひ知っておいて下さい。

※ハウスネットは仲介手数料最大無料な・の・に、さらに突っ込んだ「フルローンだけど優遇もバッチリ!」という銀行探しが得意なので、自己資金少なめの方も安心してお気軽にご相談下さい。

他社で内覧と申し込み

ハウスネット以外の他の不動産会社と物件の内覧を行い、その中で『気になる物件がある』という方はご注意ください!
もし、ハウスネット以外の不動産会社に対して購入申込み書を提出してしまいますと、その後から仲介手数料額を理由にハウスネットへ再度申込みを依頼する流れが難しくなってしまいます。
ですので、他の会社でお申込みをされる前にはしっかりご契約の条件をご確認いただき、金額面や手続き面で不安・不審等がありましたら、【フリーダイヤル0120-411-306】まで駆け込み相談で現在の状態をお知らせ下さい。お客様状況に合わせて解決対応をさせて頂きます!

本来はご契約前であればどのタイミングでも仲介業者を選択できる権利をお客様は有しているのですが、仲介業者の中には離れようとするお客様に対して、「この物件はもう他社では買えないですよ…」と脅かしを入れる業者(担当)が割と多く存在しており、実際に買えないように売主側へ中傷の根回しをする業者(担当)もたくさんおります。同業者として残念ではありますが、ハウスネットだけではどうすることも出来ないのが現状です。その為、1番安心な流れをつくるには、ご案内の段階からハウスネットスタッフがご対応することだと思いますので、この内容を見ているお客様で上記のようなご不安のある方は、お早めにご相談下さい!

ページトップへ戻る