不動産をもっと高く売りたい?安く買いたい?そんなワガママが通るわけ……あるんです! 不動産購入を圧倒的に安く 仲介手数料最大無料で諸費用を!大胆な価格交渉で物件価格を! 不動産売却を断然有利に 正直な査定と市場を揺さぶる戦略で!売却諸費用の仲介手数料も半額で! 他社からハウスネットにのりかえて、仲介手数料半額!プラス約1割の手数料キャッシュバック 安くて、しかも安心の不動産仲介。買うとき、売るときはハウスネットにお任せ

5/30 雇用形態・時代の変化に合わせて、住宅ロー・・・

雇用形態・時代の変化に合わせて、住宅ローンの審査基準も最近では変化しつつあるようです。例えば派遣社員としてお勤めの方などへは、満足な融資が難しい状況がありましたが、最近では3年以上継続して同じ派遣先や派遣会社にお勤めであれば、正社員と同様に審査基準をクリアーするようです。また、ご年収の最低基準も今までは大方300万円以上からという風潮がありましたが、「最低年収200万円以上から」と明確にする銀行もございます。さらには、共働き世帯が多くなった現代に合わせるように産休や育休期間中の融資審査の場合、対象とする年収を今までは多くの銀行が休暇期間中の半減した収入で審査しておりましたが、復帰が確実であれば休暇前にもらっていた年収でそのまま審査をするようになってきました。
もし過去に住宅ローンの審査結果で悔しい思いをされている方がいらっしゃいましたら、改めてお家探しができる可能性も十分ございますので、消費税がさらに上昇する前にまずご相談を!

2014/05/30

ページトップへ戻る